不登校新聞

463号 2017/8/1

経験者が考える「ひきこもりと友だち」問題

2017年07月27日 16:14 by kito-shin


連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.13

 「友だちがいない私はダメでしょうか?」と聞かれれば、「無問題(モウマンタイ)ですよ」と答えます。

 私もひきこもってからは友だちが全然いなくなり、お正月に届いた年賀状が2通だけ。しかも、それはダイレクトメール的なやつだったりしました(苦笑)。そんなときは、すごくさびしく、孤独感で眠れないので、ニック・ドレイク(英国の孤高のシンガーソングライター)を聴いて慰められたりもしました。

 とはいえ、もともとひとりっ子だからかもしれませんが、ひとりでいるのが苦にならないというか、子どものときも外で友だちと遊ぶのも好きだけど、家で本を読んだり人型のおもちゃで物語をつくって遊んだりするのも好きでした。高校のとき、同級生が「家にひとりでいると退屈で耐えられない」と言ったのを聞いたときは驚いたものです。ひとりでいて退屈を感じるというのがなかったので。

 本のイベントによく出るようになった30代後半のころ、一気に人間関係が広がって出版関係の仕事をしている人たちと知り合いになり、飲み会に出たり、古本屋に行ったりしていました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“脱ひきこもり”のきっかけは? 経験者の回答

470号 2017/11/15

ひきこもったこと、後悔してる? 経験者の回答は

469号 2017/11/1

ひきこもりの必読書~ひきこもり経験者厳選の3冊

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...