不登校新聞

368号(2013.8.15)

不登校11万2437人、5年連続減

2013年08月12日 17:13 by kito-shin


 文科省は8月6日、2013年度「学校基本調査」の速報値を発表した。それによると、小中学生の不登校は11万2437人。前年度から5021人減少した。

 内訳は、小学校2万1175人(1447人減)、中学校9万1079人(3558人減)、中等教育学校183人(16人減)だった。不登校の減少は5年連続。なお、「病気」「経済的理由」「その他」を含めた理由別長期欠席者数は17万5555人と、1116人減少した。

 全児童生徒に占める不登校の割合を見ると、1・09%(0・03ポイント減)だった。内訳は、小学校0・31%(0・02ポイント減)、中学校2・56%(0・09ポイント減)、中等教育学校1・12%(0・13ポイント減)となっている。これをもとに算出すると、小学校では319人に1人、中学校では39人に1人、中等学校では89人に1人が不登校、ということになる。

不登校の数なぜ減った

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校理由はいじめが最下位?教員と本人間で開く認識差

566号 2021/11/15

新たな不登校施策に向けて有識者会議発足/文科省

565号 2021/11/1

小学生のいじめが減少傾向に。国立教育政策研究所

563号 2021/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

566号 2021/11/15

不登校の子どもに何ができるのか。45年以上、相談を受けてきた心理カウンセラ...

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...