不登校新聞

368号(2013.8.15)

第15回「デイケアに通い始めて」

2014年02月13日 15:49 by kito-shin


◎連載「ひきこもるキモチ」

 今回から数回に渡ってひきこもりの支援団体について思い出していきたい。僕も「脱ひきこもり」をするためにいくつかの施設を利用させてもらった。

 最初にお世話になったのは、ある病院に付属しているデイケアセンターだった。通院先の病院で「社会復帰のリハビリに、いい場所だから」と紹介されて、週に2回通うことになった。デイケアとはおもに通院している患者がリハビリを目的として通い、精神保健福祉士などの資格を持った職員が患者の面倒を見てくれる施設だ。

 ひきこもっているときから通っていたが、初めは、ほとんど休んでいた。本格的に通い出したのは本気で「脱ひきこもり」を決意してからだった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...