不登校新聞

368号(2013.8.15)

第18回 兄だけ不登校、兄弟関係で悩んでます

2013年12月25日 11:27 by kito-shin


連載「孫の不登校」


 「息子夫婦には、中3と中1の2人の男の子がいます。私は、孫二人といっしょに暮らせるので2人が小学生のころは、たいへん幸せで、いつも感謝の日々でした。ところが、上の子が中2の12月より、学校へ行かなくなり、言葉づかいは乱暴だし、壁をどんどん叩いたり、スリッパを投げてきたり、家族に当たり散らすようになりました。

 とくに悩んでいるのは兄弟の関係です。学校に通う弟が帰宅して、冷蔵庫からジュースを出すと兄がそれをひったくる。弟が宿題をやろうとすると兄はラジカセの音量を最大にする。弟のカードを隠す。見かねた母親が兄を叱ると『俺なんかいなきゃいいんだろ』と悪態をつく。弟も負けず、言い返すと、口げんかが始まり、果ては蹴ったり殴ったり……。弟がとてもかわいそうでたまりません。また、弟までも不登校になるのでは、と心配です」

 そんなご相談を受けました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...