不登校新聞

464号 2017/8/15

総理、子どもと話す 不登校の歴史vol.464

2017年08月10日 12:31 by kito-shin




2014年9月10日、総理の東京シューレ視察のようすを前回にひき続き、ありのままに紹介する。

 ちょうど5Fでは、子どもたちが10人くらいで打楽器講座をやっているところだった。講師は元「ブルーハーツ」のドラマー・梶原徹也さんで、もう長いあいだ来ていただいている。「音楽は苦手」だと言っていた子が、梶原さんといっしょにいるといつのまにか楽しそうにリズムに乗って演奏しているから不思議だ。

 しかし、総理は5分~6分しかその場にいない。「僕もいいですか」と子どものなかに入ったものの、練習なしなので、タンバリンを打つタイミングがわからない。当然まちがえる。するととなりの子が言葉を使わないで、総理の背広の袖の上から軽く腕を押さえて、そこは打たないことを教えていた。それが2度あったので、緊張していた子どもたちも雰囲気がやわらぎ、総理もすぐなれて、演奏がうまくいった。すると総理は「みんなでリズムを合わせてやるのは楽しいが、政治の現場でリズムを合わせるのはむずかしい」と冗談を言って、子どもたちの笑いを誘っていた。私も笑った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

昼間はすべてが怖い、深夜ラジオだけが友だちだった【不登校当事者手記】

471号 2017/12/1

「学校復帰」一辺倒の政策が変わりつつある

471号 2017/12/1

フリースクール等検討会議 不登校の歴史vol.471

471号 2017/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...