不登校新聞

464号 2017/8/15

総理、子どもと話す 不登校の歴史vol.464

2017年08月10日 12:31 by kito-shin




2014年9月10日、総理の東京シューレ視察のようすを前回にひき続き、ありのままに紹介する。

 ちょうど5Fでは、子どもたちが10人くらいで打楽器講座をやっているところだった。講師は元「ブルーハーツ」のドラマー・梶原徹也さんで、もう長いあいだ来ていただいている。「音楽は苦手」だと言っていた子が、梶原さんといっしょにいるといつのまにか楽しそうにリズムに乗って演奏しているから不思議だ。

 しかし、総理は5分~6分しかその場にいない。「僕もいいですか」と子どものなかに入ったものの、練習なしなので、タンバリンを打つタイミングがわからない。当然まちがえる。するととなりの子が言葉を使わないで、総理の背広の袖の上から軽く腕を押さえて、そこは打たないことを教えていた。それが2度あったので、緊張していた子どもたちも雰囲気がやわらぎ、総理もすぐなれて、演奏がうまくいった。すると総理は「みんなでリズムを合わせてやるのは楽しいが、政治の現場でリズムを合わせるのはむずかしい」と冗談を言って、子どもたちの笑いを誘っていた。私も笑った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

486号 2018/7/15

かがり火

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...