不登校新聞

464号 2017/8/15

矯正施設に閉じ込められて亡くなった子どもたち

2017年08月10日 17:09 by kito-shin



 7月の下旬に広島で医師会関連の会合があり、ひさびさに広島平和記念資料館へ立ち寄ってきた。8月6日は、広島の「原爆の日」にあたり、8月9日は長崎の「原爆の日」を迎える。広島では10余万人、長崎では7万人を超す死者が出て、今もなお後遺症などの犠牲に苦しんでいる人たちがいる。

 広島と長崎ではこの被爆経験を忘れないため、原爆の日として、核兵器廃絶と平和の重要さを今も訴え続けている。毎年、原爆の日には、世界各国にも核兵器廃絶と恒久平和の実現のため、世界中に祈りの光景と映像が届けられている。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

ひといき

464号 2017/8/15

森の喫茶店 第464号

464号 2017/8/15

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...