不登校新聞

464号 2017/8/15

矯正施設に閉じ込められて亡くなった子どもたち

2017年08月10日 17:09 by kito-shin



 7月の下旬に広島で医師会関連の会合があり、ひさびさに広島平和記念資料館へ立ち寄ってきた。8月6日は、広島の「原爆の日」にあたり、8月9日は長崎の「原爆の日」を迎える。広島では10余万人、長崎では7万人を超す死者が出て、今もなお後遺症などの犠牲に苦しんでいる人たちがいる。

 広島と長崎ではこの被爆経験を忘れないため、原爆の日として、核兵器廃絶と平和の重要さを今も訴え続けている。毎年、原爆の日には、世界各国にも核兵器廃絶と恒久平和の実現のため、世界中に祈りの光景と映像が届けられている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...