不登校新聞

緊急号外(無料)

私からのメッセージ 歌人・鳥居

2017年11月01日 14:33 by kito-shin



こどもたちに勇気や希望を与えてください。と依頼されました。だけど私だって人に言えないつらいことが色々あるから、今まさに死にたい気持ちでこの文章を書いています。  

 死ぬってことは幸せになる可能性をゼロにすることです。「本当は幸せになりたかったなぁ‥」と思いながら「幸せに生きることが出来たら、本当はそれが一番よかったのにな‥」と思いながら、自分を殺して、未来を消してしまうのは、悲しくないですか? 

 あなたが死んだら、周りの人はすぐにあなたのことを忘れるし、好き勝手悪口を言ったりもします。「どうしたらいいのか」なんて、私には正直ぜんぜんわからないけど、とりあえず、ごはんを食べて眠ってみませんか。

関連記事

【追悼企画】樹木希林さん「がんのおかげで成熟した」

490号 2018/9/15

学校に行きたくないあなたへ 羽生善治

489号 2018/9/1

学校に行きたくないあなたへ 僕は君に生きてほしい

489号 2018/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...