不登校新聞

353号(2013.1.1)

「いま」を否定せずに~親の立場から~

2013年03月09日 10:42 by kito-shin

 
 私の息子は、小学4年生から学校に行けなくなりました。息子の二つ下には自閉症の娘がいます。
 現在、息子は15歳です。今年は進路を決める年です。この1年をふり返って「悩んだ」と息子は言います。息子は、人と話すのが苦手で、とても緊張してしまいます。考えすぎてしまうので、相手に話しかけられると、何も言えなくなってしまいます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...