不登校新聞

336号(2012.4.15)

不登校、わたしの場合

2013年08月19日 12:08 by kito-shin

 鼻持ちならない子どもだった。本を読んでいたし、分からないと思うことは少なかった。とても優しい祖母もいた。まわりに依存し、優越感が少しずつ溜まっていったのだろう。学校での集団生活をしていれば、挫折もある。生徒にやらせる些細な作業。

 「今から渡す台紙に、自分の名前の紙を探して貼ってくださーい」。ボーっとしていた僕は、クラスのほかの子の名前の紙を自分の台紙に貼っていた。気付いたときに、自分の脳裏に浮かぶ言葉。"どっちの道へ、行きますか?”A「まちがえたことを先生に言い、取り替えてもらう」。そんな恥ずかしい…… じゃあ、B「黙って剥がして、自分の紙を貼り直す!」。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...