鼻持ちならない子どもだった。本を読んでいたし、分からないと思うことは少なかった。とても優しい祖母もいた。まわりに依存し、優越感が少しずつ溜まっていったのだろう。学校での集団生活をしていれば、挫折もある。生徒にやらせる些細な作業。

 「今から渡す台紙に、自分の名前の紙を探して貼ってくださーい」。ボーっとしていた僕は、クラスのほかの子の名前の紙を自分の台紙に貼っていた。気付いたときに、自分の脳裏に浮かぶ言葉。"どっちの道へ、行きますか?”A「まちがえたことを先生に言い、取り替えてもらう」。そんな恥ずかしい…… じゃあ、B「黙って剥がして、自分の紙を貼り直す!」。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。