不登校新聞

創刊記念号

不登校、学校への連絡は?

2013年08月19日 15:57 by kito-shin

本紙理事・奥地圭子

(この記事は2011年2月1日『Fonte』204号に掲載された記事です) 

 子どもが今日も学校へ行かない。そこで朝、親は学校へ連絡することになります。でも、それが親にとってはとてもしんどいのです。「今日も休ませていただきます」「まぁ、家ではゲームをやっていたり、マンガを読んだりしていますが」。毎日同じようなことしか言うことがない。
 
 また、学校へ電話したとき、教師がすぐに電話口に出てくれるとはかぎらない。仕事に出かけたい親は遅刻しそうになるし、イライラする。学校は不思議なところで、取り次いだまま出てもらえなく、一度電話を切って再度かけ直すなんてこともめずらしくない。3カ月も経つと、電話代だってバカにならない。
 
 こんなふうに悩んでいる方にいまでも会います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...