不登校新聞

466号 2017/9/15

一週間で8人もの子どもが自殺 9月1日報道に

2017年09月14日 15:09 by kito-shin



 2017年9月1日も学校の新学期を迎えた子どもが死を選んでしまうことを心配して、学校に行くことがつらいなら休もうというメッセージがメディアを通じて発信された。

 本紙もチャイルドライン、フリースクール全国ネットワークなど子どもの相談に対応できる諸団体などと連携して「味方はココにいます」のメッセージを発信した。

 しかし、8月30日東京で中学2年男子と高校1年男子、同月31日埼玉で高校1年男子、9月4日東京で中学3年女子と高校3年男子が飛び降りや首つりなど、一週間で8人もの子どもが自殺と推定される苛酷な事実が報道された。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。