不登校新聞

466号 2017/9/15

一週間で8人もの子どもが自殺 9月1日報道に

2017年09月14日 15:09 by kito-shin



 2017年9月1日も学校の新学期を迎えた子どもが死を選んでしまうことを心配して、学校に行くことがつらいなら休もうというメッセージがメディアを通じて発信された。

 本紙もチャイルドライン、フリースクール全国ネットワークなど子どもの相談に対応できる諸団体などと連携して「味方はココにいます」のメッセージを発信した。

 しかし、8月30日東京で中学2年男子と高校1年男子、同月31日埼玉で高校1年男子、9月4日東京で中学3年女子と高校3年男子が飛び降りや首つりなど、一週間で8人もの子どもが自殺と推定される苛酷な事実が報道された。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

551号 2021/4/1

森の喫茶店 第551号

551号 2021/4/1

ひといき

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...