不登校新聞

466号 2017/9/15

フリースクールの草分けの一つ 地球学校の創設者に聞く【不登校50年/公開】

2017年09月14日 15:24 by shiko



連載「不登校50年証言プロジェクト」


 児島一裕さんに登場いただくのは、じつは2回目。以前、大阪市立児童院(情緒障害児短期治療施設)で生活指導員をされていた竹渕陽三さんにコンタクトをとった際、偶然にも、児島さんが代理で返事をされてこられたのだった。児島さんは、1966年から1年10カ月、児童院に入所されていた経験があり、いまも竹渕さんを囲んで、当時の入所者で集まっているとのことだった(「#18竹渕陽三さんと竹の子会のみなさん」参照)。

 まさか、竹渕さんに連絡をとって、児島さんと出会うとは思っておらず、たいへん驚いたが、さらに驚いたのは、その児童院での経験が、日本のフリースクールの草分けのひとつ「地球学校」の原点となっているということだった。ちなみに、本プロジェクトの関東チームの一員で、東京シューレ葛飾中学校のスタッフをしている木村砂織さんも、学生時代、大阪市立児童院で竹渕さんのもとに実習させていただいて、その体験は、たいへん印象深く残っているそうだ。

 情緒障害児短期治療施設というと、不登校の子どもを収容して短期に治療するなど、問題だと見られることも多かったが、ことはそう単純ではないようだ。児島さんは、そのあたりについて「たぶん、人間の本質的なところにアプローチしていくと、似たようなカタチになるのかなと思います。人間に関わる仕事は、主義主張や思想ではないと思います。もっと、いのちの根幹的なところに何かがある」と話されていた。

 児島さんは、日本のフリースクール運動における重要人物のひとりなので、今回は、児童院での経験だけではなく、アメリカでの経験、地球学校を始められた経緯、その後、現在にいたるまでの活動など、さまざまにうかがった。

 まず、児島さんの、子ども時代からの破天荒とも言える遊びっぷりは、聞いていてすがすがしかった。「遊びをせんとや生まれけむ」ではないけれども、児島さんのベースには、一貫して遊びがある。

 児島さんは、あくまで「自分に立つ」ことが大事だという。フリースクールのフリー=自由は、「自らを由とする」と書くように、自分を生きるということだと児島さんは言う。児島さんにとっては、形式的にうまくいくかどうかが大事なのではなく、自分自身がイキイキとした「遊び」を保っていられるかどうかが大事なのだろうと、お話をうかがっていて感じた。地球学校も、運営上は何も問題がなかったのに、あるとき直観的に「終わったんだ」と感じて、やめられた。児島さんの呼びかけで始まったフリースクールスタッフ交流会も、最初から10年だけと決めて、終えられている。

 現在、児島さんは「地球大学」などの活動をされてる。

 「自分自身を本当に整えることができたら、無限の可能性を実現できる。それをジャマしているのは、じつは頭、思考なんです」と、児島さんは言う。児島さんは、ある意味で、たいへんラジカルではあるが、一貫して自分に立脚しているように感じた。詳細は本編インタビューを読んでいただきたい。(本紙理事、プロジェクトチーム統括)

本編サイトはこちら

関連記事

家で育つ不登校のあり方 ホームエデュケーションを実践して【不登校50年/公開】

488号 2018/8/15

精神科医・斎藤環さんに聞く(不登校50年/公開)

487号 2018/8/1

不登校の子どもの権利宣言をつくった二人【不登校50年/公開】

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...