不登校新聞

466号 2017/9/15

フリースクールへの視察 不登校の歴史vol.466

2017年09月14日 13:43 by kito-shin



2014年9月、安倍総理の訪問を東京シューレが受けいれたことは、私からすれば、やっと国がフリースクールに目を向け、支援の必要性を感じ始め、総理まで現場をたしかめに来た、ということで、おおいなる前進であった。子どもたちや卒業生の前で「学び方、育ち方はいろいろ」と自身の言葉で語り、「支援を国が検討する」と発言、それがマスコミ各社から発信されたことも「30年かかって、やっとここまできた。よかった」と評価できたことだった。シューレの子どもたちにとっても自分が学校ではないところで日々すごしていることに対し、肯定された感を持ったできごとだった。小学生たちは「テレビとそっくりだった」「ふつうの人とちがって、オーラが出ていて、かっこいい」「総理大臣ってこわい人かな、と思っていたらやさしい人だった」などとワイワイ言って、何のことやらはわからなかっただろう。しかし、ある小学生の子は翌日「お母さんがね、総理が見にきてくれるようなところに通ってんだよ、自信を持っていいんだよ、と言ってたよ」とニコニコしながら伝えてくれた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...