不登校新聞

466号 2017/9/15

ひきこもりに「働け」と言っても意味がない理由

2017年09月14日 14:37 by kito-shin



連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.16

 「ひきこもっている人に『働け』と言ってはいけないのでしょうか?」と聞かれたら「働く気力が本人にないときは、言ってもあまり意味がないように思います」と答えます。

 部屋にひきこもってる息子に対して、あるいはその息子が外出できるようになったタイミングで、親としては「そろそろ、バイトでもどう?」と言いたくなる気持ちもわかります。

 私の場合は、心身ともに一番調子の悪いときに『いつまで怠けているつもりなのか!』と母に怒鳴られて体を引きずるようにしてバイトを始めました。しかしそんな状態では長続きしないし、消耗するばかりでした。親としてはどんなかたちでも家に居るよりは、外でバイトをしてくれたほうが気持ち的には楽なのでしょう。でも本人に働く気力がないまま無理に働いても、ムダとは言いませんが効率は悪いと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“脱ひきこもり”のきっかけは? 経験者の回答

470号 2017/11/15

ひきこもったこと、後悔してる? 経験者の回答は

469号 2017/11/1

ひきこもりの必読書~ひきこもり経験者厳選の3冊

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...