不登校新聞

466号 2017/9/15

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

2017年09月14日 14:48 by motegiryoga



 不登校経験者の中山智惠さん(27歳)にお話をうかがった。中学1年から不登校し、おもに母親との関係に苦しんだという。

――不登校の経緯を教えてください。

 中学1年の5月のある日、学校に行こうとしたら涙がとまらなくなりました。理由は今でもよくわかりません。友だちづきあいが苦手ではありましたが、なにか明確な理由もなく、「体が勝手に行かなくなった」という感じでした。

 私は学校には行かなきゃいけないと思っていたので、「なんで私だけ、学校に行けないんだろう」とわけがわからない気持ちでした。小学生のころは、いじめを受けたこともありましたが学校には行っていました。中学ではいじめもないのに、なぜ今なのか、と。

 母親は、無理やりにでも私を学校に行かせようとしていました。「なんでふつうにできないの」とよく言われました。私としては、なぜふつうにできないのか、私自身が一番悩んでいたんです。それを母から毎日のように言われるのは、しんどかったですね。「ふつう」ができないということは「親に認められていない」ということでした。その事実が苦しくて、自殺未遂をしたり、リストカットをくり返したりしていました。

――その後、状況が変わるきっかけなどは、あったのでしょうか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

学校の代わりになる場所を4年間、探し続けた末に私が求めたこと

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...