不登校新聞

466号 2017/9/15

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

2017年09月14日 14:56 by kito-shin



 2017年8月26日~27日、東京・早稲田にて「登校拒否・不登校を考える夏の全国合宿2017in東京」が開催された。27日に行なわれたプログラム「父親シンポジウム」より、息子さんが小学生で不登校になったお父さんの話を掲載する。

私自身が変われた

 私の息子は現在中学1年ですが、不登校になり始めたのは小学3年生の6月でした。

 最初は「頭が痛い」とか「お腹が痛い」と訴えていました。僕自身は「まあ、そんな日もあるさ、今日は行かなくていいんじゃない」と思っていました。しかし、息子の母親は、母親としての直感なのか、「これは長引くな」と思ったそうです。そのとおり、息子が学校に行かない日は続きました。

 夏休みが明けても息子は学校に行かないことが多く、私もだんだん不安になってきました。私自身は小さいころ、学校が嫌いでした。学校に行きたくて行っていたわけではなく、「行かされて」行っていました。そんな経験があるため、学校に積極的に行かせようとは思っていませんでした。しかし、学校に不信感を抱いていた幼少期をすごしてきたので、自分の子どもにはそういう経験をしてほしくないとも感じていました。だから、「ちゃんと行ってほしいな」という気持ちもありました。自分のなかでも非常に混沌としていた時期でしたね。「行ってほしい」と思うこともあり、「いや、行かなくていい」と思うこともあり、気持ちが揺れていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

心療内科では何も変わらず、不登校の親の会で心がほぐれた

538号 2020/9/15

「これからどうする」と聞かれても親だって困る【祖父母と孫の不登校】

537号 2020/9/1

不登校の息子に対して私が実践した3つのルール

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...