不登校新聞

創刊記念号

ゲームばかりどうしよう

2013年08月19日 16:13 by kito-shin

心理カウンセラー・内田良子

(この記事は2011年11月15日『Fonte』326号に掲載された記事です)  

 学校に行かず、家で生活するようになった子どもが、ゲームばかりしている姿を心配する親がよくいます。学校で勉強せずに学力はつくのだろうか、遊んでばかりいて将来は大丈夫かという不安です。加えて、近年は長時間ゲームをしていると「ゲーム脳」になるという仮説が流布して、親の不安を煽ります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

本物の学びを子どもが手にするために【居場所スタッフの仕事】

197号(2006.7.1)

18年間にわたり娘を監禁 福岡市監禁事件を考える

197号(2006.7.1)

フリースクールスタッフの仕事とは【三重県津市】

198号(2006.7.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...