不登校新聞

創刊記念号

ゲームばかりどうしよう

2013年08月19日 16:13 by kito-shin

心理カウンセラー・内田良子

(この記事は2011年11月15日『Fonte』326号に掲載された記事です)  

 学校に行かず、家で生活するようになった子どもが、ゲームばかりしている姿を心配する親がよくいます。学校で勉強せずに学力はつくのだろうか、遊んでばかりいて将来は大丈夫かという不安です。加えて、近年は長時間ゲームをしていると「ゲーム脳」になるという仮説が流布して、親の不安を煽ります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

本物の学びを子どもが手にするために【居場所スタッフの仕事】

197号(2006.7.1)

18年間にわたり娘を監禁 福岡市監禁事件を考える

197号(2006.7.1)

フリースクールスタッフの仕事とは【三重県津市】

198号(2006.7.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...