不登校新聞

467号 2017/10/1

時代は変わろうとしている 不登校の歴史vol.467

2017年09月29日 12:09 by kito-shin



 2014年秋、思ったより速い「学校以外を認めていこう」とする動きに期待感が高まったのは事実である。

 9月1日、フリースクール担当職員の文科省内配置。9月10日、安倍総理の「東京シューレ」視察。9月18日、超党派フリースクール議員連盟による東京シューレ視察。10月、下村文科大臣の「えん」視察と続き、マスコミでも広く報道された。

 市民側も、11月22日にフリースクール全国ネットワークが毎年開催している「フリースクールフェスティバル」で、プログラムの一つに「どうなる? 国のフリースクール支援」と題して、フリースクール等担当の亀田徹視学官を招き、懇談会を行なった。子どもたちがステージ発表をしない時間に、体育館を借り、イスを円く並べて開始したが、あとからあとから人が加わり、何重もの円にもなった。ざっと見て90人は参加、最近の変化や、疑問に思っていることなど、質問が次々出されて、あっというまの2時間だった。

 そして、11月24日には、国の「文部科学省全国フリースクール等フォーラム」が開催された。それも会場は文科省の講堂であった。600人入る会場はいっぱいで、そのうち450人はフリースクールの関係者、保護者などで子どもたちもいた。文科省の職員をはじめ公務員のみなさんもたくさん参加があった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。