不登校新聞

467号 2017/10/1

親子で競争心を煽られていく

2017年09月29日 12:38 by kito-shin



 最近、日常診療のなかでアジアの風を感じることが多くなった。とりわけ、アジア各国の母子手帳を持って予防注射や健康診断に来る親子が増えてきた。たとえば韓国の母子手帳は、日本のものより、やや大きいが、シンプルな記載方法になっている。

 母子手帳には、どの国でも予防注射や健康診断の結果のみが、かんたんに書いてあることが多い。韓国や台湾などでは「多動」や「ADHD」の記載を見ることもある。先日も5歳の男の子が来院した際に、韓国の母子手帳を持ってきていて「多動」という記載があったので、母親に聞いてみると「韓国でも多動の子どもが増えているみたいですよ」と応えてくれた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

32名の体験談から見えてくる「不登校のプロセス」とは

472号 2017/12/15

【神戸中2自殺未遂】「透明化」してしまういじめの構造

472号 2017/12/15

何を検討するのか 不登校の歴史vol.472

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...