不登校新聞

467号 2017/10/1

親子で競争心を煽られていく

2017年09月29日 12:38 by kito-shin



 最近、日常診療のなかでアジアの風を感じることが多くなった。とりわけ、アジア各国の母子手帳を持って予防注射や健康診断に来る親子が増えてきた。たとえば韓国の母子手帳は、日本のものより、やや大きいが、シンプルな記載方法になっている。

 母子手帳には、どの国でも予防注射や健康診断の結果のみが、かんたんに書いてあることが多い。韓国や台湾などでは「多動」や「ADHD」の記載を見ることもある。先日も5歳の男の子が来院した際に、韓国の母子手帳を持ってきていて「多動」という記載があったので、母親に聞いてみると「韓国でも多動の子どもが増えているみたいですよ」と応えてくれた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...