不登校新聞

467号 2017/10/1

どん底の私が支えられたバンド「シロップ16g」

2017年09月29日 12:47 by kito-shin



 このコーナーは、子ども若者編集部メンバーが、どん底のときに「支えられたもの」を紹介していくコーナーです。

 元々悩みがちな性格だった自分ですが、中学時代、不登校になったことで、その悩みはさらに複雑となっていきました。そのころの自分を支えてくれたのが、「シロップ16g」というバンドです。ざっくり言うと、とても暗いバンドです。

 ”I・N・M”という曲名は「I Need to be Myself」の頭文字です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

32名の体験談から見えてくる「不登校のプロセス」とは

472号 2017/12/15

【神戸中2自殺未遂】「透明化」してしまういじめの構造

472号 2017/12/15

何を検討するのか 不登校の歴史vol.472

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...