不登校新聞

467号 2017/10/1

「いまここが最強の居場所」説 社会学者・関水徹平

2017年09月29日 12:55 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.8

 先日、ひきこもり当事者、経験者、支援者、親などが集まって話し合う、ある会に参加した。話し合いのテーマは「あなたにとっての居場所とは」。参加者の話を聞きながら、自分にとって、居場所って何だろう、どこにあるんだろうと考えていた。

 考えたのは、「いま」自分が参加している場が、居心地がいいかどうか。「居てもいい」というシグナルを受け取ることができる場所なら、そこは自分の居場所だと考えていいんじゃないか。公園のベンチ、トイレの中、喫茶店、いまのように誰かといっしょにいる場所。そう考えたら、自分にはけっこう居場所があるかしれない、と思った。少しほっとした。

こんなことをやってる場合じゃ…

 今の社会には、「自分が居てもいい」と思える場所が少ない、と思う。理由のひとつは、他人の期待に応えられることに価値があり、できなければ価値がないという能力主義的な視線のせいだろう。それは誰より自分のなかにある。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもが乱発する無愛想な返事、もしかして理由があるのでは

509号 2019/7/1

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...