不登校新聞

467号 2017/10/1

「いまここが最強の居場所」説 社会学者・関水徹平

2017年09月29日 12:55 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.8

 先日、ひきこもり当事者、経験者、支援者、親などが集まって話し合う、ある会に参加した。話し合いのテーマは「あなたにとっての居場所とは」。参加者の話を聞きながら、自分にとって、居場所って何だろう、どこにあるんだろうと考えていた。

 考えたのは、「いま」自分が参加している場が、居心地がいいかどうか。「居てもいい」というシグナルを受け取ることができる場所なら、そこは自分の居場所だと考えていいんじゃないか。公園のベンチ、トイレの中、喫茶店、いまのように誰かといっしょにいる場所。そう考えたら、自分にはけっこう居場所があるかしれない、と思った。少しほっとした。

こんなことをやってる場合じゃ…

 今の社会には、「自分が居てもいい」と思える場所が少ない、と思う。理由のひとつは、他人の期待に応えられることに価値があり、できなければ価値がないという能力主義的な視線のせいだろう。それは誰より自分のなかにある。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

完璧な親なんてどこにもいないから「親を殺し」て旅に出よう説

476号 2018/2/15

学校を、年齢も立場も「ごちゃまぜ」にしていこう説

475号 2018/2/1

実感のない自己肯定感なんかより、実感できる「へっぽこ感」の受容こそ最優先説

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

476号 2018/2/15

担任も「お前、いじめられているんじゃないか」としょっちゅう聞いてくるんです...

475号 2018/2/1

今回取材した不登校経験者は、小学2年生から中学2年生まで不登校だった17歳...

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...