不登校新聞

467号 2017/10/1

「居場所ってどういう場なんですか?」ひきこもり経験者の答えは

2017年09月29日 16:43 by kito-shin



連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.17

「居場所ってなんですか?」と聞かれれば、「自分らしくしていても何も言われない場」と答えます。

 誰にとっても自分の居場所を見つけることはなかなかたいへんなことです。ましてや不登校やひきこもりの当事者にとっては、そうかんたんに見つかるものではないですよね。

 私がかつて自助グループの「step」のみならず、30歳以上限定の自助グループ「colors」や「ひきこもりについて考える会」など、複数の集まりに参加していたのは自分の居場所を求めてということもあったと思います。実家は親と折り合いがよくなかったので居心地が悪く、かといってバイトや派遣先の職場もやはり居場所という感じではありませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりの必読書~ひきこもり経験者厳選の3冊

468号 2017/10/15

ひきこもりに「働け」と言っても意味がない理由

466号 2017/9/15

ひきこもりの私が「選んだ支援」は…

465号 2017/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...