不登校新聞

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

2017年09月29日 16:48 by kito-shin

今回執筆したのは、PN・猫田良子さん(30代・女性)。不登校したあと、「ふつう」を必死で演じてきたという。

 「ふつう」に見えるけど実際は生きづらい人って、じつはたくさんいると思う。友人がいて、オシャレをしていて、精神的な病気もなくて、アルバイトをしていたり、結婚していたり……。そんなふうに、一見、社会に適応しているように見えても、本当はどうしようもなく苦しくて、ギリギリで生きている人たち。私も「そういう人」の一人だ。

就労も無職も

 20代のころは、働くことのできない自分を隠し、取りつくろうのに必死だった。短時間勤務のアルバイトさえ続けられなかった私は、かといって無職であることにも耐えられなかった。「ふつうの人は働くべき」という考えがつねに頭から離れなくて、働くことは自分に課せられた絶対的な義務であるように感じていた。

 だから苦肉の策として、在宅ワークをはじめた。友人がホームページをつくる仕事をしていたので、そのお手伝いとして、バナーやチラシをパソコンでつくった。収入はお小遣い程度しかなく、これを「仕事」と言えるのかどうかも怪しいものだったが、まわりの人には「家で仕事をしている」と説明した。「ふつうの人」に見られたくて必死だったのだ。

 外見にも気をつかっていた。毎月、美容院に行き、新しい服を何着も買った。それは自分を守るための鎧のようなものだったと思う。内面に自信がもてないぶん、せめて外見だけでも自分の思い描く「ふつうの20代」でいたかったのだ。そうしてなんとか体裁を取りつくろってはいたが、実際には親のお金で生活し、オシャレをしていたわけで、その罪悪感はすさまじいものがあった。

 20代後半になると、精神面だけでなく体調も悪くなり、吐き気やめまい、体の痛みなど、さまざまな症状に悩まされることになった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...