不登校新聞

467号 2017/10/1

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

2017年09月29日 17:13 by kito-shin



不登校経験者のkfさん(24歳・女性)から、自身の経験を踏まえて親の立場の方にぜひ伝えたいことがある、と記事が寄せられた。

 不登校になって一番つらいのは本人ですが、親も苦しみ、つらさと孤独を抱えているのだと思います。

 働いている親御さんは、不登校のわが子を家に残し、外に出て行かなければなりません。自分を隠しながら、他人と触れ合わなければなりません。仕事の合間を縫っては子どもの安全を何度も携帯でたしかめ、休憩時間には電話をして、そしてまた何もなかったような顔で仕事に戻らなければいけません。

 家にいる親御さんは、本人といっしょにいる時間が多くあります。同じ空間にいても何もしてあげられない、してあげることが思いつかないのは、とてもつらい状況ですし、何より、苦しんでいる本人を見ることは本当に悲しいことだと思います。

 働いている親御さんも、お家にいる親御さんも、子どものことを誰に相談していいかわからず、子どもに何をしてあげたらいいのか、近所や学校とどう付き合ったらいいのかわからず、心が孤独になり、ご自身を責めてしまうときがたくさんあると思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...