不登校新聞

467号 2017/10/1

スマホ・パソコン、好きにさせて大丈夫? 児童精神科医が教える「親にできること」

2017年09月29日 17:29 by kito-shin

【質問】スマホやパソコンについて気になっています。不登校して丸2年、息子はヒマさえあればスマホをいじっています。最近では自分用のパソコンもほしがるようになりました。買ってあげてもいいのかなと思う反面、来年は高校受験も控えているので、ますます動かなくなるのではないかと迷っています。息子はなぜ、スマホやパソコンに熱中するのでしょうか?

【回答/児童精神科医・高岡健】

 かなり昔には、文学に没頭しているようでは人生を棒に振ると、心配された時代がありました。そこから時代が下がると、今度は漫画が心配の種にされることがありました。しかし、当時の若者たちは、大人たちからは俗悪だと誤解されていた文学あるいは漫画を楽しみながら、自分とのあいだで対話をくり返していたのです。今は、むしろ活字離れが文化の衰退を招くのではと、危惧されているくらいです。

 代わって定着したのが「スマホやパソコン」です。スマホやパソコンからアクセスする中味(コンテンツ)は、これまでの文学や漫画を含みつつ、音楽・ゲームなど多様な広がりをみせています。多様なコンテンツを楽しんでいる現在の若者たちは、そのことを通じて、やはり自分とのあいだで対話をくり返しているのです。

 もう一つ、見逃してはならない点があります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校と昼夜逆転、児童精神科医が教える「親にできること」

465号 2017/9/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...