不登校新聞

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

2018年02月26日 14:29 by kito-shin



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.3

 僕は、現在18歳で、「今の今がどん底」という感覚のなかで生きています。強迫性障害、発達障害などの特性から、延々と考えてしまう日々を過ごしています。

 どこにも身を置けず、つねに動き続け、留まることを知らない僕に響いたのが、クラウド・ナッシングスというバンドの「Stay Useless」という曲です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「多様な学び」の人材養成 不登校の歴史vol.520

520号 2019/12/15

かがり火

520号 2019/12/15

ひといき

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...