不登校新聞

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

2018年02月26日 14:29 by kito-shin



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.3

 僕は、現在18歳で、「今の今がどん底」という感覚のなかで生きています。強迫性障害、発達障害などの特性から、延々と考えてしまう日々を過ごしています。

 どこにも身を置けず、つねに動き続け、留まることを知らない僕に響いたのが、クラウド・ナッシングスというバンドの「Stay Useless」という曲です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

551号 2021/4/1

森の喫茶店 第551号

551号 2021/4/1

ひといき

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...