不登校新聞

468号 2017/10/15

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

2017年10月13日 13:21 by kito-shin



 「床屋であれこれ聞かれるのが怖い」。不登校の子どもからよく聞く話だ。かくいう私も、話しかけてくる床屋や美容院が苦手で、何度も店を変えた経験がある。

 自分に合った床屋・美容院を探すのは骨が折れる。そこで「もう一つの方法」がある。美容師に自宅まで来てもらい、散髪してもらうという「訪問美容サービス」だ。もともと、高齢者や要介護者向きのサービスとして、流通しているサービスだが、そのなかでも、とくに不登校・ひきこもりの当事者にむけた訪問美容サービスを行なう、美容師・吉澤智洋さんにお話を聞くことができた。

 吉澤さんは千葉県我孫子市にある「美容室AVENIR」で働いている。吉澤さん自身も不登校だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもをまんなかに(中)

189号(2006.3.1)

「まだ言葉にできない宝物」不登校の子を持つ父親コラム

189号(2006.3.1)

世界王者・秋元正行が語る、ルービックキューブの魅力

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...