不登校新聞

468号 2017/10/15

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

2017年10月13日 13:21 by kito-shin



 「床屋であれこれ聞かれるのが怖い」。不登校の子どもからよく聞く話だ。かくいう私も、話しかけてくる床屋や美容院が苦手で、何度も店を変えた経験がある。

 自分に合った床屋・美容院を探すのは骨が折れる。そこで「もう一つの方法」がある。美容師に自宅まで来てもらい、散髪してもらうという「訪問美容サービス」だ。もともと、高齢者や要介護者向きのサービスとして、流通しているサービスだが、そのなかでも、とくに不登校・ひきこもりの当事者にむけた訪問美容サービスを行なう、美容師・吉澤智洋さんにお話を聞くことができた。

 吉澤さんは千葉県我孫子市にある「美容室AVENIR」で働いている。吉澤さん自身も不登校だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの長期休み明け自殺 不登校の歴史vol.470

470号 2017/11/15

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

470号 2017/11/15

見守られているというのは大きな原動力

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...