不登校新聞

468号 2017/10/15

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

2017年10月13日 14:27 by kito-shin



 高校生年齢のころ、よく行っていた床屋の店員から「どこの学校に行っているの?」と聞かれたことがあります。僕は中学1年から不登校をしていて、その当時は「ホームシューレ」(在宅不登校当事者・家族のための支援機関)の会員でした。

 店員に「学校には行っていません」と言うかどうか、そのときすごく迷いました。もし正直に言えば「みんな、つらいこともあるけど、がまんして学校に行っているのに」と言われるかもしれないと思ったからです。

不登校批判がとても怖くて

 僕は自分が不登校であることを人に批判的に言われるのがとても怖かったのです。ふつうに考えれば、客に否定的な態度をとる店員はいないはずです。それに、学校に行かないことを否定的に見る人ばかりでないのも知っています。それでも、どうしても、店員にどう思われるかが怖かったのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小1から高3まで不登校、私が夢を叶えるまで

470号 2017/11/15

「死にたい」から、あえて「自死禁止プレイ」をやってみた

470号 2017/11/15

なぜみんなと同じようにできないんだろう ひきこもり経験者・割田大悟さんに聞く

469号 2017/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...