不登校新聞

468号 2017/10/15

フツーの子と不登校の子、ちがいは「ほぼない」説

2017年10月13日 14:31 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.9

「不登校の子ども」と「フツーの子ども」は、なにがちがうのか。そのことをあらためて考えると、意外と、「そのちがいはない」ことに気がつきます。

 表面的なことだけを言えば、不登校の子どもも、アルバイトや進学をします。私たちのフリースクールからも、高校や大学、専門学校に進む子どもは多くいます。彼らは学ぶことや考えることがきらいなわけではないということがあらためてわかります。

 私の団体「寺子屋方丈舎」では、学校に行かない子どもにフリースクールの事業を行なうと同時に、学校へ通う子にむけて、自然体験などができる環境教育の事業を行なっています。私たちがフリースクールで学んだことは、おたがいに気づき合うことの大事さです。ミーティングや対話をしながら、自分のなかの新しい部分に気がついてゆくことです。さまざまな感情や思いに気がつかされ、結果的に自分自身が変わってゆく経験をしています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

551号 2021/4/1

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

550号 2021/3/15

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...