不登校新聞

468号 2017/10/15

不登校の克服、子どもが求めてたっけ? 青森「Open Base」からの提案

2017年10月13日 14:39 by kito-shin

 不登校になると親はさまざまな機関に相談へ行きますが、その経過のなかで「そもそも子どもは支援や克服を求めているのか」という疑問がわきます。不登校は「変える」「治療する」ものではなく、「そのままで居られる」という居場所さえあればいいのではとの思いから、私たちの「Open Base」ができました。

 学校がそういう場所であったら、あるいは社会にそういう場所があったらとくに居場所は必要ありません。しかし、都心以外では多様な学びが認められるところはまだまだ少なく、つくらざるをえなかったというのが現実かもしれません。

 「Open Base」では「~すべき」はつくらず、話したくなければ、ただ来るだけでOK(マンガやTVも)、人見知りならネットでの参加もOKです。

 日本のグローバル化も加速していきます。学校へ「行く」「行かない」というちがい以上に、さまざまな多様性があたり前となっていく世代の子どもたちには、まわりと同じようにできるための努力より、別のことが必要になると考えています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“不登校をすることの苦しさ”経験者らがアンケート開始

508号 2019/6/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

508号 2019/6/15

不登校・ひきこもりイベント情報

508号 2019/6/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...