不登校新聞

470号 2017/11/15

見守られているというのは大きな原動力

2017年11月14日 16:11 by kito-shin



 2017年10月は悲喜こもごもの出来事が重なった。上旬には、不登校新聞社の集会で知り合った北九州の女性が乳癌のため、34歳で亡くなった。9月下旬に最後の手紙が届き、抗がん剤の治療の副作用と闘っているようすを書いていた。母親から亡くなったことを知らせる葉書が届き、ショックを受けた。

 下旬になってから山口県下関の親の会「虹の会」の山田さんから、活動に対して「国際ソロプチミスト」より、ボランティア賞を受賞することになったという喜びの便りがあった。長年にわたる不登校やひきこもりへの支援活動が受賞理由の一つになっているはずだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

鉄道ジャーナリストが「鉄道好きの不登校」に贈る、鉄道をもっと楽しむ方法

519号 2019/12/1

不登校の子どもが創る学校 不登校の歴史vol.519

519号 2019/12/1

かがり火

519号 2019/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...