不登校新聞

470号 2017/11/15

「生きづらさ」に「自己肯定感」など“便利な言葉がやっかい”説

2017年11月17日 16:44 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.11

不登校を語るのに、私が意識して避けている言葉がある。

 まず「自己肯定感」。「生きづらさ」に「困り感」。「斜めの関係」や「サードプレイス」も使わない。「学び」「育ち」のような名詞化された動詞も気をつけている。フリースクールを始めて15年。いつのまにかずいぶん増えた。

 なんたって便利だ。使うだけで何か説明できた気になる。それがよくない。

 16歳の冬、「がんばれ」という言葉は使わないと決めた。20歳の夏には「いいです」をやめた。「がんばれ」も「いいです」も便利な言葉だ。言えばどうにかなるから、ついそればかり使う。

思考を狭める ありふれた用語

 同じ言葉でも状況によって意味合いは変わる。探せばしっくりくる表現がいくらでもある。そこで楽をすると語彙が減る。言葉は思考を規定する。語彙が減れば思考が狭まる。

 さらに言葉は内向する。よく使われる言葉ほど危ない。「居場所」「ありのまま」「安心」「自分らしさ」「多様性」「寄り添う」など、これまた便利でついつい使いすぎる。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...