不登校新聞

470号 2017/11/15

場面緘黙の私が初めて取材しました!!【取材方法と苦労した点】

2017年11月14日 17:34 by kito-shin



 2017年9月11日、インターセックス(半陰陽)の漫画家、新井祥さんにインタビューを行なった(記事)。本欄では、企画者と同行メンバーが取材をふり返った。

 今回、新井祥さんにインタビューさせていただくことができて、お会いすることができて、本当によかったです。

 今回の取材は私が企画したのですが、私は場面緘黙の症状がときどき強く出ます。そのため、インタビュアーはスタッフの方にお願いしました。しかし、取材が終わってから、「ああ、直接お話したかった」と思えたほどでした。

 私はこれまで何人かの方々にオファーを出して、そのたびに断られてきました。そんななか、新井さんは快よくオファーを受けてくださいました。つまり、新井さんへのインタビューが自分にとって初の企画成功となったのでした。

 今回は、インタビューにいたるまでの作業の大部分を自分で行ないました。新井さんにインタビューをしたい、という企画立案から始まり、企画書を書き、新井さんの本を出版している会社に連絡をしました。そうしたらあっという間に担当の方から連絡が来て、それに返信を書いて企画書を添付したら、またまたあっという間に取材OKの返事。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

趙韓惠貞さんを取材して【記者コラム/公開】

497号 2019/1/1

不登校経験の私が“前を向けた” 中性漫画家・新井祥の一言

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...