不登校新聞

470号 2017/11/15

不登校の割合過去最高 少子化のなかで不登校13万人の意味

2017年11月14日 17:42 by kito-shin

 文科省は2017年10月26日、「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」の速報値を発表した。それによると、2016年度、不登校した小中学生は13万4398人だった。13万人を超えるのは2002年度以来、14年ぶり4回目。

 不登校児童生徒の内訳をみると、小学生は3万1151人と、統計史上、初めて3万人を超えた。全児童に占める割合も0・48%と過去最高を更新した。

 不登校した中学生は10万3247人と、7年ぶりに10万人を超えた。全生徒に占める割合は3・01%と初めて3%を超え、割合は過去最高を更新した。

少子化のなかで

 不登校児童生徒数がもっとも多かったのは、2001年度の13万8722人だ。2016年度と比べると、4000人あまり多かった。

 ところが、全児童生徒に占める不登校の割合を見ると、2001年度が1・23%だったのに対し、2016年度は1・35%と、0・12ポイント上回っている。

 つまり、全児童生徒に占める不登校の割合にかぎって言えば、2016年度は過去最高だったということになる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

不登校の「教育機会の確保」に向けて 千葉県で議連発足

479号 2018/4/1

4000人調査から見るブラック校則の世代格差とは?

479号 2018/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...