不登校新聞

470号 2017/11/15

不登校の割合過去最高 少子化のなかで不登校13万人の意味

2017年11月14日 17:42 by kito-shin

 文科省は2017年10月26日、「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」の速報値を発表した。それによると、2016年度、不登校した小中学生は13万4398人だった。13万人を超えるのは2002年度以来、14年ぶり4回目。

 不登校児童生徒の内訳をみると、小学生は3万1151人と、統計史上、初めて3万人を超えた。全児童に占める割合も0・48%と過去最高を更新した。

 不登校した中学生は10万3247人と、7年ぶりに10万人を超えた。全生徒に占める割合は3・01%と初めて3%を超え、割合は過去最高を更新した。

少子化のなかで

 不登校児童生徒数がもっとも多かったのは、2001年度の13万8722人だ。2016年度と比べると、4000人あまり多かった。

 ところが、全児童生徒に占める不登校の割合を見ると、2001年度が1・23%だったのに対し、2016年度は1・35%と、0・12ポイント上回っている。

 つまり、全児童生徒に占める不登校の割合にかぎって言えば、2016年度は過去最高だったということになる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

10代前半の自殺、100年ぶりの高水準に上昇

516号 2019/10/15

多様な学びとは何か 全国のフリースクール関係者が議論

516号 2019/10/15

不登校・いじめ対策76億円。いったい何に使うお金なのか

515号 2019/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...