不登校新聞

470号 2017/11/15

“脱ひきこもり”のきっかけは? 経験者の回答

2017年11月14日 17:46 by kito-shin

連載「あのとき、答えられなかった質問」最終回

「どうしてひきこもりから脱せたんでしょうか?」と聞かれれば、「奥さんと出会ったから(照)」と答えます。

 彼女と知り合ったのは「ひきこもりについて考える会」という集まりでした。ひきこもりの自助グループに参加して、しばらくしてから、ほかの当事者が親を悪く言わないことが気になり始めていました。

 私自身は、親子関係がひきこもりのきっかけになっていたので、ほかの当事者とやや距離を感じ始めていました。そんなとき「ひきこもりについて考える会」のHPに掲載されていたひきこもり当事者の経験談が、自分とそっくりなことに驚きました。「この人と会って話を聞いてみたい」と思い、出会ったのが彼女です。

過去は変えられる

 付き合い始めたころは、ひきこもり・不登校の話がやはり多かったです。私は「ひきこもったことを後悔している」ということをくり返し話していた記憶があります。そんなとき、彼女の「過去は変えられる」という言葉に「そんなわけはない」と面食らったのもよく覚えています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもったこと、後悔してる? 経験者の回答は

469号 2017/11/1

ひきこもりの必読書~ひきこもり経験者厳選の3冊

468号 2017/10/15

「居場所ってどういう場なんですか?」ひきこもり経験者の答えは

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...