不登校新聞

470号 2017/11/15

小1から高3まで不登校、私が夢を叶えるまで

2017年11月14日 18:06 by kito-shin


イラスト りゃこ

小学1年生で不登校を経験したPNりゃこさんのインタビューを掲載する。親の対応でつらかったことや現在のことなどをうかがった。

――不登校はいつから?

 小学1年生の秋からです。運動会が終わった直後にカゼで1日欠席したのですが、その日以降、学校に行けなくなりました。不登校の理由を説明するのは難しいのですが、私はもともと、集団行動が苦手な子どもでした。決まった時間に決められたことをみんなでいっせいにやる学校という場に、閉塞感を感じていたんだと思います。

 とくにイヤだったことが2つあります。教室内のガヤガヤしている音が、自分を攻撃しているように感じてしんどかったこと。もう一つは、先生がクラスメートを叱っているとき、自分が怒られているような気になってしまうことでした。人から怒られるのではないか、という恐怖は大人になった今でもあります。

――親はどういった対応でしたか?

 親は「学校に行くのがあたりまえ」と考えていた人だったので、不登校になった当初はムリヤリ行かそうとしていました。今でも覚えているのは、「車で学校まで行こう。送っていくんじゃなくて、学校を見て、いっしょに帰ってくるだけだよ」と言われて車に乗ったら、校門で先生が待ち構えていて、ムリヤリ教室に連れて行かれたことです。「親に裏切られた」と思い、本当につらかったです。

不登校の理由 とにかくイヤ

 それからしばらくすると、ムリヤリ連れて行く、というのはなくなったのですが、今度は不登校の理由を追及されました。何時間も「なんで行きたくないの?」「何がいやなの?」と聞かれるのですが、小学校低学年の私は、適当な言葉が見つからず、「わからないけどとにかくイヤ」としか答えられませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校のすべてが敵に思えた」中学3年生が語る今の本音とは

519号 2019/12/1

「学校へ行けない僕は失敗作」 追いつめられた僕に訪れた転機

518号 2019/11/15

あの凄惨な事件から40年、私にとっての戸塚ヨットスクール

518号 2019/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...