不登校新聞

369号 (2013.09.01)

いじめの加害被害、9割が経験

2013年08月28日 16:41 by kito-shin

◎いじめ追跡調査2010-2012



 国立教育政策研究所は8月5日、「いじめ追跡調査2010―2012」の調査結果を発表した。前回調査(07年―09年)、前々回調査(04年―06年)を踏まえ、「いじめは、つねに起こっているもので、流行やピークがあると捉える考えは誤りである」との見解を示した。

 今回の調査の特徴は、「暴力を伴ういじめ」(叩く・殴るなど)と「暴力を伴わないいじめ」(無視・悪口など)に大別して分析している点にある。前者は「被害・加害ともに限定的」とした一方、後者については「被害・加害ともに、どの子にも起こりうる」としており、いじめの発生実態や経過は質的に異なるという。 「暴力を伴ういじめ」は、12回の調査時点のうち「6回以上」に渡って被害・加害経験を訴えた子どもは全体の1割で、半数以上が「1回ないし2回」にとどまる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』らが共同メッセージ発信 「9月1日」の子どもの自殺に向けて【公開】

465号 2017/9/1

行政からも求められる「不登校の中間支援組織」 千葉で新たに設立

465号 2017/9/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

457号 2017/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...