不登校新聞

369号 (2013.09.01)

メモ「いじめ追跡調査」

2013年08月28日 16:21 by kito-shin


国立教育政策研究所が1998年より、15年に渡って行なわれてきた追跡調査。同内容の調査をくり返し行なうことで、数量的な調査を経年で追えるのが特徴の一つ。大都市近郊市内の全小中学校に在籍する全児童生徒(小学4年生から中学3年生)およそ5000人が対象。

関連記事

『不登校新聞』らが共同メッセージ発信 「9月1日」の子どもの自殺に向けて【公開】

465号 2017/9/1

行政からも求められる「不登校の中間支援組織」 千葉で新たに設立

465号 2017/9/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

457号 2017/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...