不登校新聞

471号 2017/12/1

不登校とは「学校アレルギー」説 【仮説なんですが】

2017年11月29日 09:51 by shiko

連載「仮説なんですが…」vol.12

「アレルギー」という言葉を知らない人はいないと思います。花粉症、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎など、ほんとうにたくさんのアレルギーが私たちの身近に存在しています。

 私自身も10年ほど前に突然、食物アレルギーと気管支ぜんそくを発症しました。健康だけが取り柄のような人間が「まさか」と自分でも思いました。ただ、このアレルギーとぜんそくという症状は身体が弱いから発症するわけではなく、急激な環境変化や強いストレスによって身体が悲鳴をあげるように発症することも多いそうです。

 考えてみると思い当たることはありました。

 当時、私は千葉県市川市から長崎へ引っ越してきて2カ月。娘は小学校へ入学し、私は仕事を探しながら認知症の祖母の介護もしていました。自覚はありませんでしたが心身とも疲れていたのだと思います。「やらなくてはいけない」という強い責任感と義務感で無意識に自分を追い込み、身体が悲鳴をあげるまで自分がいっぱいいっぱいになっていることに気づけませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...