不登校新聞

471号 2017/12/1

不登校とは「学校アレルギー」説 【仮説なんですが】

2017年11月29日 09:51 by shiko

連載「仮説なんですが…」vol.12

「アレルギー」という言葉を知らない人はいないと思います。花粉症、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎など、ほんとうにたくさんのアレルギーが私たちの身近に存在しています。

 私自身も10年ほど前に突然、食物アレルギーと気管支ぜんそくを発症しました。健康だけが取り柄のような人間が「まさか」と自分でも思いました。ただ、このアレルギーとぜんそくという症状は身体が弱いから発症するわけではなく、急激な環境変化や強いストレスによって身体が悲鳴をあげるように発症することも多いそうです。

 考えてみると思い当たることはありました。

 当時、私は千葉県市川市から長崎へ引っ越してきて2カ月。娘は小学校へ入学し、私は仕事を探しながら認知症の祖母の介護もしていました。自覚はありませんでしたが心身とも疲れていたのだと思います。「やらなくてはいけない」という強い責任感と義務感で無意識に自分を追い込み、身体が悲鳴をあげるまで自分がいっぱいいっぱいになっていることに気づけませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

551号 2021/4/1

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

550号 2021/3/15

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...