不登校新聞

471号 2017/12/1

昼間はすべてが怖い、深夜ラジオだけが友だちだった【不登校当事者手記】

2018年02月26日 14:32 by motegiryoga



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.6

 私は小学校6年生で学校に行けなくなり、その後、ひきこもりました。そのころの私は、昼間は学校に行っていないうしろめたさから、すべてが怖かったです。私が楽な気持ちでいられたのは、夜中でした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

554号 2021/5/15

森の喫茶店 第554号

554号 2021/5/15

ひといき

553号 2021/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...