不登校新聞

471号 2017/12/1

昼間はすべてが怖い、深夜ラジオだけが友だちだった【不登校当事者手記】

2018年02月26日 14:32 by motegiryoga



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.6

 私は小学校6年生で学校に行けなくなり、その後、ひきこもりました。そのころの私は、昼間は学校に行っていないうしろめたさから、すべてが怖かったです。私が楽な気持ちでいられたのは、夜中でした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

令和版人生ゲームにはユーチューバ―も登場。「東京おもちゃショー」に行ってきました

517号 2019/11/1

小中学生不登校13万人時代 不登校の歴史vol.517

517号 2019/11/1

増加する子どもたちの自殺、何が私たちにできるのか

517号 2019/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...