不登校新聞

471号 2017/12/1

社会性を身につけないと「弱いまま」なんじゃ?児童精神科医が教える「親にできること」

2018年01月29日 16:40 by kito-shin



連載「児童精神科医に聞きました」vol.4

【質問】中学生の息子を持つ父親です。目下の悩みは、「学校に行かずに社会性が身につくのか」ということです。私の学生時代をふり返っても、同級生や先輩後輩といった人間関係のなかで得た経験は、一人の人間として強く成長するために必要だったと思います。もちろん、学校がすべてだとは思いませんが「今のまま社会に出た後でうまくやっていけるのか」と心配です。父親として何ができるのでしょうか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

自閉スペクトラム症の息子、コロナ後安心して過ごせるために

534号 2020/7/15

コロナ禍における不登校の生活、親がいま気をつけるべきこと

531号 2020/6/1

「不登校の原因もよくわからない」そんなときにできる確実な方法

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...