不登校新聞

471号 2017/12/1

社会性を身につけないと「弱いまま」なんじゃ?児童精神科医が教える「親にできること」

2018年01月29日 16:40 by kito-shin



連載「児童精神科医に聞きました」vol.4

【質問】中学生の息子を持つ父親です。目下の悩みは、「学校に行かずに社会性が身につくのか」ということです。私の学生時代をふり返っても、同級生や先輩後輩といった人間関係のなかで得た経験は、一人の人間として強く成長するために必要だったと思います。もちろん、学校がすべてだとは思いませんが「今のまま社会に出た後でうまくやっていけるのか」と心配です。父親として何ができるのでしょうか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「息子の家庭内暴力を止めたい」まず親がすべきことは

500号 2019/2/15

不登校と子どもの自己肯定感、ほめる以外にもコツがあります。

495号 2018/12/1

「学校に行きたい、でも行けない」子どもの気持ちが矛盾するワケ

492号 2018/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...