不登校新聞

471号 2017/12/1

社会性を身につけないと「弱いまま」なんじゃ?児童精神科医が教える「親にできること」

2018年01月29日 16:40 by kito-shin



連載「児童精神科医に聞きました」vol.4

【質問】中学生の息子を持つ父親です。目下の悩みは、「学校に行かずに社会性が身につくのか」ということです。私の学生時代をふり返っても、同級生や先輩後輩といった人間関係のなかで得た経験は、一人の人間として強く成長するために必要だったと思います。もちろん、学校がすべてだとは思いませんが「今のまま社会に出た後でうまくやっていけるのか」と心配です。父親として何ができるのでしょうか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

落ち着きがないのはADHDかも、そんなとき大事な「9分だけ理論」

504号 2019/4/15

「息子の家庭内暴力を止めたい」まず親がすべきことは

500号 2019/2/15

不登校と子どもの自己肯定感、ほめる以外にもコツがあります。

495号 2018/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...