不登校新聞

471号 2017/12/1

「個性を大事に」と言われたから緑のランドセルにしたら浮いてしまった件【14歳の現場レポート】

2017年11月29日 09:44 by kito-shin

今思えば、私が初めて親に対して「なんかヘンだな~」と思ったのは、小学校入学前、保育園の年長のときでした。

 祖父母と私でランドセルを買いに行きました。個人で経営している小さな鞄店です。色とりどりのキレイなランドセルが並んでいました。赤や黒が多めでしたが、青やピンク、水色などもありました。

 そのなかでも一際目立っていたのが緑色のランドセル。黄緑や青緑などあいまいな色ではなく、本当に鮮やかなグリーン。私は一瞬で目を奪われました。「これがほしい! これしかない!」と強く思いました。「ほかの色なら、もうランドセルいらない」とまで考えてしまったほど。

みんなと同じ 自分じゃない

 祖父母は「え? それを買うの!?」と驚きました。まさか私が緑を選ぶなんて思ってもみなかったでしょう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「理屈はあとでわかる」と教えてくれた「トイレの神様」 【ただいま別室登校中】

476号 2018/2/15

先生に押し付けられた「大人の暗黙のルール」に困惑 小学4年生のときの話

475号 2018/2/1

「七夕のお願い」を検査する先生と お願いを却下された小3の私

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

476号 2018/2/15

担任も「お前、いじめられているんじゃないか」としょっちゅう聞いてくるんです...

475号 2018/2/1

今回取材した不登校経験者は、小学2年生から中学2年生まで不登校だった17歳...

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...