不登校新聞

471号 2017/12/1

「個性を大事に」と言われたから緑のランドセルにしたら浮いてしまった件【14歳の現場レポート】

2017年11月29日 09:44 by kito-shin

今思えば、私が初めて親に対して「なんかヘンだな~」と思ったのは、小学校入学前、保育園の年長のときでした。

 祖父母と私でランドセルを買いに行きました。個人で経営している小さな鞄店です。色とりどりのキレイなランドセルが並んでいました。赤や黒が多めでしたが、青やピンク、水色などもありました。

 そのなかでも一際目立っていたのが緑色のランドセル。黄緑や青緑などあいまいな色ではなく、本当に鮮やかなグリーン。私は一瞬で目を奪われました。「これがほしい! これしかない!」と強く思いました。「ほかの色なら、もうランドセルいらない」とまで考えてしまったほど。

みんなと同じ 自分じゃない

 祖父母は「え? それを買うの!?」と驚きました。まさか私が緑を選ぶなんて思ってもみなかったでしょう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

2年前の熊本地震から不登校に いじめでも学校ぎらいでもなく【別室登校中の14歳手記】

482号 2018/5/15

期待していた中学校の初日、翌日には玄関先で立ち止まったのは【別室登校中の14歳手記】

481号 2018/5/1

学校に合わない私が「偏差値高め」の学校進学にこだわった理由【別室登校中の14歳手記】

480号 2018/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...