不登校新聞

369号 (2013.09.01)

第16回「バカらしくて辞めた支援施設 」

2014年02月13日 15:51 by kito-shin


◎連載「ひきこもるキモチ」

 前回に続き、「脱ひきこもり」のときにお世話になった支援施設です。 若者サポートステーションを知ったのは処方箋薬を抜くために最後に入院したときだった。リハビリのために毎日歩いていたらたまたま施設の側を通りすぎた。「ニート・ひきこもり支援」と書いてあるではないか。「自分のための施設だ」と思い、最初はドアの前でウロウロ躊躇していたが勇気を持って入ってみた。

 本来は予約が必要だったようだが、たまたま手の開いている職員がいたので面接をしてもらえた。

 自分のこれまでの経過を聞かれたが、聞いてくれただけだったので、何かアドバイスをもらえるんじゃないかという期待は裏切られた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...