不登校新聞

472号 2017/12/15

横湯園子さんに聞く【不登校50年/公開】

2017年12月13日 10:03 by shiko

連載「不登校50年証言プロジェクト」


本プロジェクト開始以来、横湯園子さんにインタビューに行ってほしいという声は、幾人もの方からいただいていた。横湯さんは、1970年から1985年まで、国立国府台病院の「分校」で教員をされていた。当時、同病院の児童精神科医長は渡辺位さんで、同じ時期に同じ病院で、異なる立場から不登校に関わっておられた。

 国府台病院での話は、渡辺位さんからもうかがったことはあったが、今回、横湯さんから、さまざまなエピソードをうかがって、ほんとうにご苦労があったのだと実感した。盗みがひどい生徒がいて、自分の給料袋まで盗まれたことがあったり、プロパンガスの栓が開けられていて、病棟があやうく吹き飛びそうだったことがあったり、「分校」の校舎は実際に事故があって、プレハブで授業していたこともあったという。

 それでも、横湯さんは子どもの側に立って考えようとしてきたという。子どもの行動にはかならず背景があり、何に苦しんでいるのかがわからないかぎり、判断はできない。多くの教員は規則ありきで、規則に子どもをあてはめて見てしまっているため、行動の表面だけを見て判断してしまう。それはちがうのだと教えてくれたのは、不登校の子どもたちだったという。

 しかし、横湯さんも3人の教え子に自殺されてしまった経験があり、それは整理しがたい経験としてある。どうすればよかったのかはわからない。ただ、それだけに自殺の危険には敏感になり、死なせてはいけないという思いは強いという。

他領域の連携を

 横湯さんは、その後、大学で心理学などを教えられているが、1999年からの3年間は、中学校にもスクールカウンセラーとして入ったそうだ。私の問題意識としては、教員が専門家依存になって、心理の枠組みで子どもを見ることに問題はないのか、うかがいたかったのだが、それに対して横湯さんは、自分のスクールカウンセラーとしての経験をもとに、具体的な経験を話してくださった。横湯さんは、教員よりも事務員や用務員と親しくして、そこから情報を得たり動いてもらうことで、いじめなどの問題に対処していたという。また、同じ教員でも養護教諭と連携することが多かったそうだ。養護教諭は、貧困や虐待の問題にも、いち早く気づくことが多い。子どもと関わるのは心理職だけではダメなのは当然で、いろんな人が関わることが大事だという。

 現在、教員は報告業務など事務量が膨大になっていて、子どもと関わる余裕を失っている。事務量を減らす、他領域の職種と連携することなどで、子どもの声を聴く余裕を取り戻す必要があると、横湯さんは話されていた。
 貧困が広がり、厳しい状況に置かれている子どもたちが増えているなか、子どもを抱え込むのではなく、周囲の大人が連携していく必要性はあるのだと思う。 それは、フリースクールなどの居場所においても、同じことが問われているように思う。

 くわしくは本編を読んでいただきたい。(プロジェクト統括者/本紙理事・山下耕平)

■横湯園子さんに聞く http://futoko50.sblo.jp/article/181710343.html

関連記事

だまされて牧場へ置き去りに【不登校50年/公開】

482号 2018/5/15

常野雄次郎さんに聞く【不登校50年/公開】

481号 2018/5/1

子ども視点の教育を 古山明男さんに聞く【不登校50年/公開】

480号 2018/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...