不登校新聞

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

2017年12月12日 17:36 by kito-shin



 2017年9月30日から10月1日にかけて、北海道札幌市で行なわれた「全道のつどい」の若者シンポジウム抄録を掲載する。登壇者は3名。不登校した時期も「不登校その後」の歩みも異なる経験者が「今だからこそ話せる不登校当時の思い」について語った。

 私が学校に行きしぶるようになったのは小学5年生です。中学に入ってからはまったく行かなくなり、中学3年生の2学期から再び行くようになったというのが大まかな流れです。

 行かなくなったきっかけは、正直わかりません。自分の性格とか人間関係とか家庭環境とか、理由を挙げようと思えばいろいろ見つかります。

 担任とのちょっとした確執もあり、擦り切れかかっていた糸がそこでプツンっと切れたのかなって思います。ゴールデンウィーク明けから教室に入れなくなり、それからはずっと別室登校を続けていました。

後ろめたさはずっと感じてた

 私が生まれ育った北見市にはフリースクールなんておしゃれなものはありません(笑)。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校での同調圧力が僕はずっとツラかった

539号 2020/10/1

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...