不登校新聞

369号 (2013.09.01)

途中下車した私の“就活”

2014年02月28日 10:23 by kito-shin


 私は小学校で不登校をし、現在は大学院に通っている。そういう経歴を持っているものだから、不登校の子を持つ親御さんから「どうやってあなたは大学に戻れたの?」と何度も聞かれてきた。私自身、大学に入って、とても痛い目にあってきたので「大学進学」がまるで「人生のゴール」かのように思われて困惑を覚えるとともに、危惧も感じる。

 というのも、大学に入って最大の山場は就職活動(以下・就活)なのだ。大学とは無関係かもしれないが、大学3年生、あるいは2年生のころから、就活は大学生活とセットで発動する。この就活をのぞいては大学生活が語れないので、私が経験してきた就活について、ひとまずお伝えしておきたい。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...