不登校新聞

369号 (2013.09.01)

親シンポジウム「命を守る“こだわり”」

2013年08月28日 16:39 by kito-shin


 「登校拒否・不登校を考える夏の全国大会2013」の大会で行なわれた「親シンポジウム~ありのままで~」では不登校の子を持つ4人の親が登場。今号と次号に分けて講演抄録を掲載する。

 私には3人の息子がいますが、今日は次男に絞ってお話したいと思います。次男が最初に不登校をしたのは小学校3年生。結婚以来はじめて夫が単身赴任をし、その翌月のゴールデンウィーク明けから不登校が始まりました。最初は「頭が痛い」「お腹が痛い」「湿疹が出た」と言うので病院に連れて行きましたが、どこにも異常はありませんでした。もともと人見知りで、幼稚園のころから「はじめての環境」になじみにくい子ではありました。「このまま家に置いといてはいけない」と思い、毎朝、私は力づくで子どもを車に押し込んで学校に送っていました。そのうち、毎朝毎朝の格闘に私も疲れはじめ、先生からも「これ以上は暴力になりますので辞めてください」と。それでも放課後だけは息子を学校に送りつづけていましたが、夏休み前にはそれもできなくなり、完全に不登校が始まりました。

◎ 私の育て方が悪かったのか

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...