不登校新聞

369号 (2013.09.01)

不登校の歴史 第369回

2013年08月28日 16:01 by kito-shin


安心して休む権利

 「不登校の子どもの権利宣言」は全部で13条あるが、なかでも次の「安心して休む権利」は、9月を前にして、重点的に多くの人に知ってもらいたいと思う。休んでよいとも思えず、また休んでも、まわりに受けとめられなければ、自責しながら暮らすことになり、少しも休みになっていない例が多いからである。夏休み明けは、子どもの自殺も多く、学校がつらかったり、行く気がしなかったりしたら、この権利があると知ってほしいし、大人がそんな環境を用意すべきであると思う。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...