不登校新聞

474号 2018/1/15

学校が誕生した明治維新から150年、不登校をどう考えるか

2018年01月12日 12:11 by kito-shin
2018年01月12日 12:11 by kito-shin



 2018年も、あっという間に、はや半月。そろそろ日常がぐぐっと始まっていると思う。変わらない日々に安心したり、変わらないことに嫌気がさして、文句を言いたくなったり。

 「長い目で見る」ということを学んだのは、不登校からだが、社会もまた、長い目で見るとわかりやすい、ということがある。そう言えば今年、2018年は1868年から数えてちょうど150年にあたる。

 1868年、つまり明治維新から150年経つが、日本社会は何と急速な変わりようだろうか。江戸末期に暮らした人たちは、現代の日本を想像できなかっただろう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

584号 2022/8/15

編集後記

583号 2022/8/1

『不登校新聞』のおすすめ

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…