不登校新聞

474号 2018/1/15

学校が誕生した明治維新から150年、不登校をどう考えるか

2018年01月12日 12:11 by kito-shin



 2018年も、あっという間に、はや半月。そろそろ日常がぐぐっと始まっていると思う。変わらない日々に安心したり、変わらないことに嫌気がさして、文句を言いたくなったり。

 「長い目で見る」ということを学んだのは、不登校からだが、社会もまた、長い目で見るとわかりやすい、ということがある。そう言えば今年、2018年は1868年から数えてちょうど150年にあたる。

 1868年、つまり明治維新から150年経つが、日本社会は何と急速な変わりようだろうか。江戸末期に暮らした人たちは、現代の日本を想像できなかっただろう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

552号 2021/4/15

森の喫茶店 第552号

552号 2021/4/15

ひといき

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...