不登校新聞

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

2018年01月12日 12:14 by kito-shin



2015年1月27日に開始された「フリースクール等検討会議」を本欄では紹介しているが、これは、長いあいだ、学校復帰を前提とした不登校政策を取る続けた国が、学校外で学ぶ子どもへの支援をしようという姿勢になった具体的な表れであり、歴史上、画期的とも言えた。

 第一回会議の流れを前号で述べたが、事例発表の途中で予算会議のため遅れて到着した下村文科大臣(当時)のあいさつがあり「フリースクール等のような場を死ぬ思いで探している子や親もいるが、今まで国はフリースクールに対して何もしてこなかったに等しい。世界経済フォーラムのダボス会議に出席してきたが、どの国も今までの学校制度では通用しない時代が来ている。社会の変化のスピードも速くなっているが、一方で親は20年前の自身の成功体験から考えがちで、今の小学生が大人になる20年後を見据える必要とあわせて考えると40年のギャップがある。議論を尽くすことも大切だが、そのため何も決まらないのでは意味がない。タイムリミットはあるというなかでの議論をお願いしたい」と語った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...